QLOOKアクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トイレのリフォーム 4

リフォーム8日目 床とドア枠




8日目にしてやっと床が塞がれました


写真




以前、トイレが詰まった時に

下水管を見るために開けた箇所です

工事が始まってからずっーーと

薄っぺらな板が載っていただけでしたので

踏み外しそうで怖かったです(;_;)




リフォーム9日目 天井とドア


2_201311211750275d6.jpg



天井ができました

裸電球すらちょっと前進したようで嬉しかった(笑

それまでガードライトでしたもん



1_201311211802219f8.jpg



ドアも付きました 

でもまだとりあえず付いているだけで調整とかドアノブがまだ

この日は穴に指入れて開け閉めしてました(^^;

やっと箱になりましたー!



それにしても時間かかり過ぎる・・orz





壁紙ですが、クロス屋さんと打ち合わせの際

直接ティファニーの箱を見せまして

「イメージはこの色で近い色の壁紙を見つけたけれど

素材が薄くて心配」と相談したところ

他の見本帳も見て近い色を探してくれました

元々カラー無地の壁紙は薄いのだそうです

「やはりこれが一番近いですね、貼替えで無く新規に貼るので大丈夫でしょう」と

仰ってくれたので、娘が探してくれた色に決めました

天井と巾木は白で、床は白系のクッションフロアをお任せでお願いしました




今日の1枚


写真



Kこもワクチン接種しました

Aこと違って副作用も無く食欲モリモリ

鳴きっぱなしのAこと対照的で

往復はただただ震えてじっとしていました

とにかく繊細でビビリな子です

病院に連れていくだけでも弱ってしまうので

去勢手術のタイミングを逃していました

先生に相談しましたが、この子の性質を考えると

やはり無理して手術をしない方が…との事

粗相もなくなって落ち着いているなら、急いでする必要は無いともおっしゃっていました

家族で話しあい、去勢手術は見送る事にしました

先代猫(アメショー女の子)も繊細でビビりで手術を見送っていたところ

Aこの里親さんに、女の子が避妊手術をしない事の危険性を説かれ

手術をしたのですが…

一ヶ月後に原因不明の肺水腫を起こして亡くなってしまった経緯があり

とても慎重になってしまいます

アメショーなので、先天性の心臓の病気だったのかもしれません

原因を検査する時間も無く急逝してしまいました

男の子は女の子程病気の心配が無いらしく(精巣などの病気)

スプレーや、小の臭い、攻撃性で困っていなければ手術を受けない猫ちゃんも多いそうです

色々な考えがあるかと思いますが、我が家は手術を見送ることにしました

一応手術前のレントゲンや血液検査も受けましたが、結果どこも問題無いそう

身体の震えで心配をしていましたが、この子の場合ストレスが原因でしょうと・・

工事が終わって人の出入りも無くなり、遊び以外はできるだけそっとさせています







ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ポチして頂けると励みになります♥
関連記事
カテゴリ
+   +   +   
最新記事
メールフォーム
コメ欄を閉じています。 何かありましたらこちらへお願いします。

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
リンク
PV
お客様
検索フォーム
+   +   +     
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。